スキューバダイビングのライセンスについて

スキューバダイビングのライセンスについて ダイビングをするためには、「Cカード」と呼ばれるライセンスを取得する必要があります。国などの法的機関が発行する免許というわけではありませんが、これを持っていないと水に潜る際に必要な空気ボンベなどの機材を借りることができません。
「ライセンス」と言っても、正確には「免許証」というよりは、「ダイビングをするために必要な講習をきちんと受けたこと」を表す「認定証」といった扱いです。またCカードは、潜れる水の深さや扱える空気の違いなどによって、いくつかの種類に分けられています。
より深いところに潜れれば、それだけ多くの水生生物と出会えるチャンスに恵まれます。
潜るポイントよってはダイビングに参加するために必要な資格が決められている場合もありますので、事前に確認することが大切です。
Cカードを取得できる場所は国内にも多数ありますが、大切なのは信頼できる所を選ぶことです。高度の運動能力を必要とするものではないとは言え、やはり水中で行うスポーツである以上、きちんとした知識とスキルは重要です。
しっかりと講習を受けライセンスを取得して、安全に水の世界を楽しみましょう。

スキューバダイビングの道具

スキューバダイビングの道具 どのようなスポーツにも必要となる用具があります。特にスキューバダイビングの用具は、マリンスポーツという観点から特に安全性に気を配る必要があります。
適切な道具を揃えて快適にダイビングを楽しみたいものです。
最も重要なのがウェットスーツです。ウェットスーツは全身をピッタリと覆い、海水の中での体温低下や怪我を防ぐという大切な役割をもっています。自分の体のサイズに合ったウェットスーツを着用することで、ダイビングの快適性は飛躍的にアップします。
また、海の中を歩く場合に足を保護するブーツや手を保護するグローブ、そしてマスクなども揃える必要があります。
もちろん呼吸を確保するためのレギュレーターや、酸素を補給するためのタンクも必須です。
その他にもウェットスーツの浮力を調節するためのウェイトや、海藻などを除去するためのナイフ、泳力を補うフィンなども重要な道具です。
深い場所まで潜る場合には、ダイバーに情報を知らせるためのダイビングコンピューターも必須となります。

新着情報

◎2017/7/4

ダイビンググッズ
の情報を更新しました。

◎2017/4/18

ダイビングは2人1組
の情報を更新しました。

「ダイビング ハワイ」
に関連するツイート
Twitter

...モテさせ屋 アズマユキ』です!! 昨日まで Hawaiiに行ってました! 今回は結婚式がメインだったので、 ゴルフもダイビングもしませんでしたが 絶景スポットに数多く訪れました! というわけでスカした写真載せます...

松浦がハワイかどっかのダイビングショップで働きながらムキムキの白人に致される同人誌が普通に現実味を帯びてきたな。。ほんとにおまえってやつはヨ。。。

ハワイへ行きたい。ダイビングしたいなぁ。 aloha-street.com/article/2017/1…

Twitter takak1962 DeepNyaoki

返信 リツイート 6:22

ハワイ】モロキニ島 ハワイ諸島のマウイ島南東の沖にある三日月形の小さな無人島 多くの熱帯魚が生息する豊かで美しいサンゴ礁に囲まれており、ダイビング・スポットの穴場になっていますが、一般人の島への上陸は禁止されています pic.twitter.com/5pPTE90Vcd

Twitter yjrter5e ゆりてぃ

返信 リツイート 5:34

ハワイダイビングに行ってみるかなぁと思う?というのはナンパする人は気をつけて外人の女性も日本人も解放的になるからね。ダイビングに行く目的がナンパならば別ですがネ。

松浦さんダイビングインストラクターの資格取りに行くから留学先はハワイとかバリ島とかリゾート地だよね。確実に言えるのは夏休みに絶対パリピになって帰ってくる。

#水中 #hawaii #DIVING ハワイの海底に眠る戦闘機コルセア「冒険ダイビングyoutu.be/TJNeYCW4cAU @YouTube

Twitter Tigersharkdiver 世界一周Diving海の旅

返信 リツイート 昨日 1:02

返信先:@toipudoru_love ダイビングの資格となるとハワイとかグアム、はたまたパラオのような南国になるでしょうなぁ…。

Twitter Hj_Uji4 氏政@戦国ライバー

返信 リツイート 12/9(土) 23:53

ダイビング資格ってハワイとかで取るんですかね。多分何年もかからないと思うので、わりとすぐに地元に戻ってきて家業に専念するんでしょうね。鞠莉はイタリアでなにを学ぶんでしょう。

...体力がないのに お客さんのタンクを担ぐ インストラクターになりたいのか?と はじめて疑問が湧きました あれ?私 インストラクターになりたいわけじゃない… そして 時はすぎ 夫と結婚し 子どもが生まれ ダイビングからは遠ざかりました 今から5年ほど前 子どもが小学高学年になったので 家族でハワイに行くことになりました 計画を立ててたら 『イルカと泳ぐツアーがあるから行こう』と 夫が言い出しました...